2017/10/21

在日の聖地の慰安婦碑に、在日からも批判

望郷の丘の慰安婦の碑

望郷の丘とは、在日韓国人の願いを受けて作られた墓地である。日本以外で亡くなった人々も埋葬されているらしいが、もともと日帝による「強制連行」被害者の為の墓地というニュアンスで始まった。そういう点で政治色はあったのだろうが、現在では、たぶん、少なくとも在日韓国人にとっては純粋に異郷で亡くなった同胞の墓所という位置づけなのではないか?

しかし、韓国の人々(と政府)にとっては事情が異なるのかもしれない。韓国政府が望郷の丘に慰安婦の碑を建てようとしている事に対し、在日の間からも不満が出ていると在日系の新聞、統一日報がわざわざ報じている。振り返ってみれば、民団がプサンの日本総領事館前の慰安婦像の撤去を求めたことからも分かるように、在日韓国人の多くも韓国の慰安婦狂騒を快く思っていないのだろう。

統一日報によれば、女性家族部(省)が新政府の意を忖度して碑の設置を急いだという指摘が出ているということである。女性部この春からデザインの公募を行っていた。韓国政府はこれに先立つ二年前、望郷の丘内に「日本軍慰安婦被害者」の為の特別墓地を造成すること決定していた。在日韓国人にとって父祖の眠る神聖な墓所が、慰安婦キャンペーンのテーマパークに変えられつつある。怒るのは当然だろう。

望郷の丘に少女像

女性家族部の決定に在日怒り

海外同胞らが眠る「国立望郷の丘」(忠清南道・天安)に、従軍慰安婦の追悼碑が設置される。日本当局は、外交ルートを通じて懸念を表明。また、当事者でもある在日同胞も怒りをあらわにしている

追悼碑の設置は、9月25日に決まった。日本当局は設置が決まった翌日、河野太郎外相が李俊揆駐日韓国大使に「慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決を確認した日韓合意の精神に反する」と懸念を伝えた。「日韓関係に水を差しかねない」との言葉も、複数の日本メディアが伝えている。

菅義偉官房長官も同日の定例会見で「国際社会にも約束したことで、合意を着実に実行していくことが極めて大事だ」と強調した。

追悼碑の設置を決めた女性家族部は、傘下の韓国両性平等教育振興院を通じ、追悼碑のデザインを公募した。選ばれたのは、少女像を含む「安息の家」。3回目の公募でようやく当選作が決まり、年末までに完成させる方針だという。政権が替わったことで、女性家族部が政権の意向を忖度し、急いで碑の設置を決めたとの指摘を受けている

女性家族部の鄭鉉柏長官は、「望郷の丘が日本軍慰安婦被害者を追悼できる新しい空間になるように願っている」と述べた。

望郷の丘は、在日同胞をはじめとする海外同胞の安息のために建てられた。民団が提案し、当時の朴正熙大統領の後押しもあり、1976年10月に完成した。ホームページによると、国家別の埋葬および予約数は、昨年末時点で、計3888。そのうち日本出身者が3296、米国が242、台湾が128、ロシアが73と、日本が圧倒的に多いことがわかる。奉安堂(納骨堂)の利用者および予約数でも、全1349のうち、日本が653と、約半数を占める。在日韓国人にとっては、ゆかりの深い場所だ。

祖国を離れた在日から見て、本国で眠りたいときに眠れる場所であるのは確かだ。民団は毎年、現地で行われる合同慰霊祭に参加しており、「自分たちが建てたもの」との思いは強い。追悼碑の設置について民団中央の関係者は、「いまのところ公式見解はない」と答えた。

ただ、別の在日韓国人は、「国立」墓地に追悼碑が設置されることに懸念を示している。「国家間の合意であるため、気に入らなくても守らなければならないのに、よりによって政府が国立墓地に建てるのは、日本を完全にバカにする行為だ」と語気を強める。墓地の設置を要望し、また多くがそこに眠る在日韓国人は「自分たちの気持ちを無視するもの」と憤っている

統一日報 2017.10.18 [全文]

「望郷の丘」の現在の公式サイトには、
強制連行を仄めかす記述はない
(英語版にはある)

「望郷の丘」に建てる「慰安婦」追悼碑が確定
ジナトゥの「安息の家」…今年設置し、来年の顕忠日に除幕式

国立望郷の丘に設置される日本軍「慰安婦」被害者の追悼碑が確定した。
女性家族部と韓国両性平等教育振興院(両平院)は、当選作が出なかった4~7月の1、2次公募に続き、8月3日~9月8日に3次公募を行った結果、造形物の制作会社であるジナトゥの「安息の家」(写真)を選定したと25日明らかにした。

「安息の家」は4つの追悼碑が連なった形状で、被害を受けたハルモニ(おばあさん)の生涯を時期別に分けて恐怖と苦痛、挫折、つらい人生、勇気と活躍、蝶になって飛んで行く姿などを表現したと両平院は説明した。追悼碑の事業予算は1億8500万ウォン(約1830万円)だ。両平院は今年中に追悼碑の竣工を終えた後、追加の埋葬、周辺環境の整備などを経て、来年の顕忠日に除幕式を開く計画だと説明した。

1976年、忠清南道天安市(チョナンシ)に建てられた国立望郷の丘には、国外同胞や慰安婦被害者をはじめとする日帝の強制徴用者たちの遺骨が埋葬されている。ここに埋葬された慰安婦被害者は42人だ。女性部は他の地域に埋葬された被害者の遺族の考えを聞き、追悼碑周辺に改葬できるように支援する計画だ。

チョン・ヒョンベク女性部長官は「今後もさまざまな歴史記録を通じて女性の人権に対する正しい歴史認識を打ち立てていく」と話した。

ハンギョレ日本語版 2017.9.26[全文]

2017/10/19

「ベトナムに謝ってます」挺対協必死のアピールの本音は?

挺対協代表がベ大使館前でパフォーマンス
水曜デモと異なり、大使館を背にしカメラ向き

挺対協などがベトナム大使館の前で、韓国軍の性暴力を謝罪するプチデモを始めている(今月31日まで)。挺対協が韓国軍の蛮行を反省して見せるのは、初めてではない。これまでにも勉強会を開いたり、ベトナムを訪れたり、募金活動だってやっている(ちゃっかり慰安婦問題の宣伝を兼ねて)。なぜ挺対協はわざわざベトナムの件をアピールするのか、戦時性暴力問題に取り組む団体だから当然?・・・まるっきり嘘とも言えないが、最大の理由は、(日本軍)慰安婦キャンペーンを滞りなく遂行する為だろう。彼女たちも日本側からダブルスタンダード批判された事が理由(の一つ?)だと認めている(ソースは失念)。

彼女たちは柔軟である。昔は、米軍の基地村売春婦とハルモニ(慰安婦)を同列に扱ったとして、大学教授がナヌムの家で謝罪させられるといったようなこともあったが、現在では、挺対協は彼女たちの味方という立場である。そうした「配慮」があったればこそ、挺対協などの反日活動を擁護する一部の日本人も、「韓国軍のベトナム戦争時の性暴力は・・・韓国の市民たちの手によって問題化されている」(北原みのり)などと安心して彼女たちを持ち上げる事が出来るわけである。しかし、よく考えれば気づくことだが、挺対協は韓国軍の性暴力について批判する事はあっても、韓国軍の慰安所(婦)については口を噤んでいる。

日本バッシングに同調する北原やコヤマは、
挺対協を持ち上げるが・・・

彼女たちははるばるアメリカに日本の慰安婦問題を訴えに行くが、そこで基地村や米韓軍の慰安婦問題を持ち出す気配はない。韓国に基地村やライダイハン問題に本気で取り組んでいる団体は確かにあるが、挺対協はそれらとは違う。

その挺対協の「ベトナム問題にも取り組んでいます」アピールだが、最近必死度が上がっている印象である。ベトナムにおける韓国軍の性暴力を問う声が、韓国外でも少しずつ高まっているのであるが、どうもそれが慰安婦キャンペーンに触発されている気配がある。ライダイハンを支援する団体も幾つか出来ている。

英国で新団体「ライダイハンに正義を」が設立(9.12)
集会にはジャック・ストロー元外相も

ライダイハン像を制作し、在ベトナム韓国大使館前などに設置し世論喚起する」というアイディアが、慰安婦キャンペーンの真似である事は間違いないだろう。「ライダイハンに正義を」のイベントにはブレア内閣で外務大臣などを務めたジャック・ストローが姿を見せた。慰安婦団体は韓国系多く、お手盛り感が露骨だが、このライダイハンイベントでは白人の姿が目立ったのが特徴か?ただ、これら団体の活動実態もいまひとつハッキリしない。・・・という所で、エミ・コヤマなどは、日本政府による陰謀説を仄めかしている

真相がどうであれ(私は日本政府が影で糸を引いている説には懐疑的だが)、挺対協が今まで以上に「ベトナムに謝りましょう」キャンペーンを熱心にやらざるを得なくなっているのは事実のようである。しかし、そもそも彼女たちはアジア女性基金を民間基金だと言って拒絶して来たのである。ベトナム大使館前にサンドイッチマンを立たせる程度なら、彼女たちが日本国に見せている容赦ない態度とダブルスタンダードだと言われても仕方ないだろう。

2015年?に設立した「ベトナムの声」
目立った活動はないようだが

実際に海外紙の中には、日韓合意で問題を解決したように韓国はベトナムとの問題を解決すべきだと忠告するものある。挺対協のユン・ミヒャン代表は「日本のようになるな。ベトナムに謝ろう」と檄を飛ばしているが、日韓合意を否定する挺対協に対し、国際社会は、日本は謝ったが韓国は謝っていないと見ている。

Park Geun-hye has previously been reticent to pursue South Korean admissions of responsibility for events in Vietnam, but the growing ties between the two countries would only be helped by her tackling the issue head-on. The long battle over the treatment of Korea’s comfort women, settled by President Park and Japanese prime minister Shinzo Abe last December, was a critical step in healing the troubled ties between the two countries.(パク・クネは、これまでベトナムでの出来事の責任を韓国が認めることを追及する事について口が重かった。しかし深まる二つの国の結びつきは、この問題に正面から取り組む事によってのみ後押しされる。昨年の12月にパク大統領と日本の安倍首相の間で決着した朝鮮の慰安婦の取り扱いについて長い戦いは、二国間の厄介な関係を癒す決定的な一歩だった。)

Healing Old Wounds in Vietnam Daily Kos 2016.5.30[2]

とはいえ、挺対協のこうした行動は、必要に迫られてとはいえ思い切った決断である。究極の目的である日本政府を屈服させる為には、韓国の恥を晒してもいいという判断である。ユン・ミヒャン代表のリーダーシップと決断力が無ければ出来なかったろう。たとえ偽装だとしても。

参考: 
ベトナム戦争に派兵された韓国兵士の女性暴行「韓国政府に謝罪要求」英国で団体設立、混血児問題で像制作(産経 2017.9.19) 
ライダイハン、韓国社会に衝撃 ベトナム派兵、徐々に汚点 対日批判ブーメランも (産経 2017.9.19)
挺対協、ベトナム大使館前で「韓国軍の戦争犯罪を謝罪します」(ハンギョレ日本語版 2017.9.14)